光脱毛に日焼けが禁物の理由

光脱毛に日焼けは禁物です。その理由は・・・

光脱毛に日焼けが禁物の理由

光脱毛に日焼けは禁物です。

 

ですから、脱毛をするのに適したシーズンは、紫外線が少なくなる 秋〜冬 です。

 

なんで日焼けはダメなんだろう?

大きく二つの理由があります。

 

ひとつめの理由は、光脱毛は黒い色に反応するので肌が黒くなっていると毛に反応しにくくなるからです。

 

ほくろなども光が強く反応しすぎてしまうという理由で、

 

脱毛サロンではクリームをぬるなどして光が当たらないよう保護しまうs。

 

 

もうひとつの理由は、日焼け=肌へのダメージだからです。

 

光脱毛は成長期の毛根へダメージをあたえてムダ毛の勢いを削ぐ脱毛方法ですが、

 

少ないとはいえ肌へのダメージがないわけではありません。

 

 

ですから、日焼けした肌に更に光脱毛をしてしまうことや、

 

光脱毛した肌に日焼けをしてしまうことは

 

肌へのダメージが重なることになり、シミや肌荒れの原因になってしまいます。

 

 

 

サロンによっては夏は脱毛さけるところも

ですから、光脱毛に日焼けは禁物です。

 

また、光脱毛=肌へ軽いダメージということから
制汗スプレーを使わないようにと言われることもあります。

 

ワキ脱毛しているときなどは特に、
夏の暑い季節は避けたほうが無難ですね。