エタラビ(グローバルブリエ)は倒産したの?

エタラビは倒産した?エタラビはミュゼの親会社が株式会社RVHがスポンサー支援に関する基本合意をし倒産は回避されたようです。

エタラビは倒産したの?ミュゼの親会社が資本提携・・・

 

★エタラビ(エターナルラビリンス)を運営する株式会社グロワール・ブリエ東京は 2017年4月5日 東京地方裁判所より破産手続開始決定を受け、事実上倒産しました。
詳しくはこちらで解説しています。

 

 

2016年の8月に業務停止命令を受けたエタラビ。

 

その後広告を見かけることもなくなり、
どうなったのかと思っていたら、

 

資金繰りがうまくいかなくなったようで、
株式会社ミュゼと、ミュゼの親会社である 株式会社RVH からのスポンサー支援を受けることになったようです。

 

経済的に立ち行かなくなった企業について、会社を倒産(破産)させてしまうのではなく、スポンサーより資金の提供をうけて債権者との合意のもとにより会社の事業を再建させる方法。
現経営者がそのまま、経営者として残ることが多い。

 

かつてミュゼも会計処理上の問題から多額の負債が明るみに出て、
ジンコーポレーションから株式会社RVHへ譲渡された、という経緯があります。

 

 

全身脱毛で人気のエタラビ(エターナルラビリンス)とワキ脱毛など部分脱毛で有名なミュゼが同じ会社の傘下に入ることで、
今後は新たなプランが登場するかもしれません。

 

※株式会社RVHって・・・?

 

メディアコンサルタント業を主に行う。
東証二部上場。

 

 

2016年10月27日付で以下のような文書が掲示されています。

 

----
当社及び当社の子会社である株式会社ミュゼプラチナムは美容脱毛サロン「エターナルラビリンス」などの運営会社である株式会社グロワール・ブリエ東京および同社子会社であるミスプレミアム株式会社との間で・・・資産等譲渡契約を締結し同グループの資産を取得いたしましたのでお知らせいたします。
----

 

8月の消費者庁からの業務一部停止命令を受けて以来、エタラビは資金繰りが悪化し、従業員への給与支払いが滞っていたためエタラビの店舗資産を担保に資金の融資を行ったとこのこと。
それ以外の件に関してはただいま合意に向けて策定中という説明がなされています。

 

また、「グロワール・ブリエグループ(エタラビとラットタット)の従業員の雇用維持ならびに既存顧客保護を遂行するため」と明記されていますので、
エタラビとラットタットですでに契約をしている顧客に対しても契約した内容については保障できるように今対応しているところ、ということのようです。

 

 

RVHは、ミュゼ倒産のウワサのときも、ミュゼの顧客に全くそれを感じさせないように経営者を変更していますから、
今回も顧客への影響はあまりないのではないかと思われます。

 

 

RVHの発表文書は こちら

 

 

 

※ラットタットはエタラビの関係会社だった!

 

ラットタット(株式会社ミスプレミアム)は、エターナルラビリンスを運営する株式会社グロワール・ブリエ東京の子会社でした・・・
ラットタットは一部業務停止命令を受けていないので、8月以来特に問題なく営業を続けています。
今回ラットタットもRVHの傘下に入ったので、今後はミュゼと共同で色々なキャンペーンがされるかもしれない、と期待できますね。