エタラビに一部業務停止命令。脱毛サービスどうなる?

脱毛専用サロンのエタラビ(エターナルラビリンス)に消費者庁から一部業務停止命令が出されました。エタラビだけがなぜ?何がいけなかったのでしょう。

エタラビに一部業務停止命令。何がNGだった?

 

★エタラビ(エターナルラビリンス)を運営する株式会社グロワール・ブリエ東京は 2017年4月5日 東京地方裁判所より破産手続開始決定を受け、事実上倒産しました。
詳しくはこちらで解説しています。

 

 

 

 

エタラビ(エターナルラビリンス)に、消費者庁から一部業務停止命令がでました。
(2016年8月24日)

 

 

★消費者庁
特定継続的役務提供事業者【(株)グロワール・ブリエ東京】に対する業務停止命令及び指示について(PDF)

 

★NHKニュース
脱毛エステサロンに9か月の一部業務停止命令 消費者庁

 

★産経ニュース
大手脱毛エステ、「虚偽広告」として業務停止 消費者庁

 

 

消費者庁は
エターナルラビリンスを運営する株式会社グロワール・ブリエ東京に対して

 

1.月額9,500円という広告を出していたが、実際は17万円超の一括払いの月額あたりの費用にすぎなかった
2.予約がとりにくいにもかかわらず、「予約がとれます」と説明していた

 

という点を問題にしています。

 

 

 

当サイトでもエタラビの料金体系が特殊、と説明していましたが、

エタラビ月額9500円の本当の意味【2016年7月】

 

 

個人的な印象ですが
エタラビが問題だったら他のサロンも問題なのでは・・・(ゴニョゴニョ)

 

 

1.については、
分割払いには分割払いのメリットもあるので、(回数保証など)一概にコレがダメとは思わないのだけれど、
「分割で9,500円の〇回払いです」というのがハッキリわかったほうが助かるな。。と思います。
エタラビの月額プランは確かに、理解するのに時間がかかりました(バカなのか?私・・・)。

 

2.については、
「予約がとれやすい・とれにくい」というのは、主観も入ってきますし
具体的な数字(処理できる人数と会員数など)が公開されないとどんな感じなのかわかりませんが

 

エタラビは予約に関しては少々遅れていて、

 

ネット予約ができない上に
予約希望日の前月の15日より電話をかけなくてはなりません。
(エタラビで脱毛したときに次の予約ができない)

 

 

15日は予約電話が殺到するのは予測できます。
ただし、「15日以降」に予約ができるので、直前にかけてみるとふっとキャンセル空きがでていたりすることはありそうですね。
いずれにしても「電話」なので、ちょっと煩わしいというのは確かです。

 

 

また、カウンセリングでわたしは
エタラビで予約がとれやすいです、というような言い方はされなかったです。

 

 

参考までに、
最近脱毛サロンは、自サロンの問題点もハッキリ言うようになっていて、

 

 

「正直、予約はとりにくい状況が続いていますので
すぐに回数こなしたいのでしたら他のサロンのほうが・・・(アリシアクリニックにて)」

 

「部分脱毛をご希望でしたら、
ウチのサロンではなくて他のサロンのほうが値段的に有利ですよ(シースリーにて)」

 

 

というようなアドバイスもありました。

 

 

 

なお、この一部業務停止命令は、免許停止などと同じ行政処分ですが
処分に不服な場合は異議申し立てをすることが認められています。

 

(エタラビ側は今回の処分は不服として、異議申し立てをすると報道されています。)

 

 

また、あくまでも「一部業務」の停止命令です。
新規会員の勧誘(カウンセリング)などが停止(9か月間のみ)されるだけで
すでに契約している会員の脱毛お手入れができなくなるわけではありません。

 

 

消費者庁のサイトにもあるように、

 

・サイトの口コミ情報も大切だけど、
実際に自分で情報収集すること(カウンセリングにいって直接聞くなど)が大切

 

・キャンペーンは今だけ。予約は必ずとれます、などの言葉に慌てないことも大切

 

・契約して8日以内ならクーリングオフで事情にかかわらず契約を撤回できると知ること

 

・施術を受け始めてからでも、中途解約は可能。違約金がかかるけれど返金してもらえると知ること

 

 

脱毛は安くなったとはいえ、
まだまだ高額なサービスです。

 

 

ノリで契約するのではなく
じっくりと比較・検討して

 

自分にあったサロン選びをしたいですね。

 

 

★消費者庁 脱毛サロン契約のポイント(PDF)

 

 

エタラビ月額9500円の本当の意味【2016年7月】